Taka Kigawa
"Phenomenon... There's no denying he's something special." - The New York Times
Biography

Critically acclaimed pianist TAKA KIGAWA has earned outstanding international recognition as a recitalist, soloist, and chamber music artist since winning First Prize in the prestigious 1990 Japan Music Foundation Piano Competition in Tokyo, and the Diploma Prize at the 1998 Concurs Internacional Maria Canals De Barcelona in Spain, with such accolades from The New York Times as “Phenomenon. There’s no denying that he is something special,” “The extraordinary pianist.” and from The New Yorker “Unbelievably challenging program. Kigawa is an artist of stature.” and from La Nación (Buenos Aires) “Taka Kigawa is a stupendous virtuoso.” His New York City recital in 2010 was chosen as one of the best concerts of the year by The New York Times. His New York City recital in August 2011 was picked as one of the most notable concerts in the 2011-2012 season by Musical America. Also his Buenos Aires recital in April 2014 was chosen as one of the best concerts of the year by Argentina’s leading paper, La Nación.

He has performed extensively as a recitalist and soloist in New York, Washington DC, Boston, Cleveland, Paris, Milan and Barcelona, with appearances in Weill Recital Hall at Carnegie Hall, Alice Tully Hall, Kosciuszko Foundation, Severance Hall in Cleveland, Cité de la Musique, and Salle Gaveau in Paris, Plau de la Música Catalana in Barcelona, and Teatro Colón in Buenos Aires. He frequently tours in his native Japan, appearing in Tokyo, Osaka, Nagano and Kyoto, both as a recitalist and a soloist with orchestra and in chamber music groups. He has performed with such distinguished institution as The Cleveland Orchestra. He has been a featured artist on many television and radio networks throughout the U.S., Europe and Asia.

His repertoire is extremely large and varied, ranging from the baroque to avant-garde compositions of today. He has collaborated closely with such renowned musicians as Pierre Boulez, Myung-Whun Chung and Jonathan Nott. Also he premiered the last solo piano piece of Yusef Lateef, the jazz legend, in New York City in 2013.

Mr. Kigawa grew up in Nagano, Japan, where he began piano studies at the age of three, winning his first competition at the age of seven. He received his Bachelor of Arts degree from Shinsyu University, and his Master of Arts degree from Tokyo Gakugei (Liberal Arts) University, graduating with honors in Piano Performance. During both his undergraduate and graduate years, he also studied composition and conducting, receiving high honors in both disciplines. He furthered his studies in the United States at The Juilliard School in New York, where he earned his Master of Music degree. Mr. Kigawa currently lives in New York City, U.S.A.

 

 

木川貴幸 プロフィール: 豊かな音楽性・表現力と一流の技巧とを合わせ持ち、国際的な評価を受けながら活躍を 続けているピアニスト。バッハ等のバロック音楽からベートーベンやショパンなどのス タンダード、そしてリゲティやブーレーズなどの現代音楽までと、幅広いレパートリー を持つ。アメリカ合衆国の最大紙ニューヨークタイムズからは「類い稀なるピアニスト。 彼が何か特別な存在である事は間違いない」、雑誌ザ・ニューヨーカーからは「素晴ら しい才能を持つピアニスト」、また、アルゼンチンの最大紙ラ・ナシオンからは、「並外れて素晴らしいピアニスト」と絶賛されている。

長野県に生まれ、諏訪清陵高等学校卒業。信州大学教育学部音楽科卒業、東京学芸大学 音楽科修士課程修了、そしてアメリカ合衆国ジュリアード音楽院に奨学生として留学し、 ピアノ科修士課程修了。同音楽院在学時には作曲法・指揮法・室内楽演奏も学ぶ。1998 年、スペインのバルセロナで行われたマリア・カナルス国際音楽コンクールにてディプ ロマ賞を受賞する。 ジュリアード音楽院卒業後、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、南アメリカ、日本などにて リサイタリスト、そしてオーケストラとの共演ソリストとして活発な演奏活動に入る。 これまでにカーネギーホール(ニューヨーク)、リンカーンセンター(ニューヨーク)、 セヴァランスホール(クリーブランド)、シテ・ドゥ・ラ・ミュジク(パリ)、カタル ーニャ音楽堂(バルセロナ)、コロン劇場(ブエノスアイレス)など、世界の主要コンサ ートホールでソロリサイタル、そしてオーケストラとの共演を重ねてきた。 2005 年にはアメリカ合衆国クリーブランドにて、世界的作曲家・指揮者のピエール・ ブーレーズ、そしてクリーブランド交響楽団と共演。地元紙プレインディーラーから、 「大胆かつ繊細な演奏」と賞賛された。2010 年には、ニューヨークにて行ったリサイ タルが、ニューヨークタイムズが同年末に掲載した「2010 年ベストコンサート」の一 つに選出された。また、2011 年に行ったニューヨークでのリサイタルは、世界的にも 権威のある音楽業界誌「ミュージカルアメリカ」にて同年のベストコンサートの一つに 選ばれた。2012 年にはバッハの未完の大作「フーガの技法」をニューヨーク、フィラ デルフィアなどにて全曲暗譜、休憩無しで演奏し、主要メディアおよび聴衆から大好評 を博した。また、2013 年にはジャズ界の巨匠、ユセフ・ラティーフが作曲した最後の ピアノ独奏曲の世界初演をニューヨークにて行った。

今シーズンも複数のプログラムを持ちながら精力的に演奏活動を行っている。特に、来 年 90 才の誕生日を迎えるピエール・ブーレーズのこれまでの業績を讃えるため、「ブ ーレーズ・全ピアノ独奏曲リサイタル」をアメリカ合衆国、ヨーロッパ、アルゼンチン、 日本などで継続的に行っている。ニューヨークタイムズ紙からは「ブーレーズのピアノ 曲が持つ、時代を超えた一貫性を見事に演奏で表出した」、ブエノスアイレスのラ・ナ シオン紙からは「(ブーレーズの)作品が持つ規律性と自由さとの両方を表せるピアニ スト」と絶賛されている。ニューヨーク在住。




Back to Top